てんてきの糖の主成分は、天然の果糖液糖です。
 果糖はもっとも甘い糖といわれ、砂糖を100とすると、果糖の甘さは130とも170ともいわれています。またブドウ糖の甘味度は、砂糖より低く56〜65程度です。
 さらに砂糖やブドウ糖の甘味は、ほとんど温度で変化しないのに比べて、果糖の甘味度は高温では低く、低温で極めて高くなります。


 てんてきの糖でつくった梅酒や果実漬けは、果糖の浸透圧が大きく、糖が果実の中まで浸透して美味しくなります。また砂糖よりはるかに微生物の繁殖防止効果が高く、食品の日持ちを良くするなどの防腐効果にも優れています。
 寿司や煮物料理、紅茶、アイスコーヒー、アイスティーやケーキなどにも、砂糖に代えてお使い下さい。






Copyright (C) 2016 寿インフォメーションサービス